食べるだけじゃもったいない!?「おから」美容術

ここ数年注目の食材と言えば、大豆です。 その理由としては大豆イソフラボンという 女性ホルモン 「エストロゲン」類似物質が含まれていることが大きな理由です。 体にもお肌にも良いという事で、 納豆・豆乳・お豆腐などを 積極的に摂取されているかたも多いのではないでしょうか。 そしてその中でも、特に豆乳の消費量がとても増えているそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料理用オリーブオイルでスキンケア

化粧品でオリーブオイルを主成分にした保湿剤がありますが、 料理用のオリーブオイルを塗っても良いのか? という質問が時々聞かれます。 基本的には同じものなのでOKです。 ただし、エキストラバージンオリーブオイルという最も品質の高いものを使うことと、 開封後冷蔵庫で保管するなど品質管理が大切です。 少量を手にとって、お風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾燥肌の原因いろいろ

乾燥肌は、もちろん生まれつきの肌質である場合も多いですが、日頃のお手入れのせいで、乾燥が悪化している場合もあるようです。 まずクレンジング、洗顔についてですが、乾燥が強い方の場合、クレンジングと洗顔の両方を続けて行うことで、必要な皮膚の皮脂と水分まで奪われてしまう可能性がある、とも言われています。皮膚を清潔にしよう、と心がけるあま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪の乾燥も防いで、指先美人

爪も老化するって、知っていますか? 爪に縦のスジが入るようになってきたら、これは「爪のシワ」だと思ってください。 これは代表的な爪の老化現象です。 爪も、皮膚と同じケラチンから成り立っています。 指先は洗剤や摩擦などで、普段から過酷な環境に置かれていますよね。 お肌と同じで、爪も乾燥を放っておくと老化が進んでしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化粧水の使い方

季節の変わり目は、温度変化が激しく、自律神経の働きがうまくいかなくなったりして、 肌が乾燥しやすい状態になります。 いつもと同じお手入れだけだと、顔がかさかさになってしまったりしますね。 今ではいろいろな基礎化粧品が出回っていて便利になった一方で、 あまりにたくさんの種類があるので、どれが良いのか逆にわからなくなってしまうこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の朝に・・・「乳液洗顔」のススメ

このコラムを読んで下さっているあなた、「乳液洗顔って何?」とお思いでしょう。 花粉症のかたにとって春は、くしゃみや鼻水、目のかゆみ以外にお肌の調子が悪くなってしまう時期でもあります。実は花粉症のある人はアレルギー体質の人が多いので、どちらかというと乾燥肌で悩んでいる人が多いのです。 こんな人が花粉を洗い流すために洗顔しすぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライスパワーNo.11でアトピー性皮膚炎・ドライスキンを改善!

私たちの皮膚表面は、水を蓄える力(皮膚水分保持能)を持つ角質層で被われています。 この皮膚水分保持能が健全であれば、しっとりとした滑らかなお肌となり、外からの刺激物質の侵入を防いでくれます。 しかし、その角質層の水分保持能に変調をきたし、バリア機能が低下してしまうとドライスキンとなります。 ドライスキンになると、角質にすき間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保湿成分リビジュアとは

リピジュアって聞いたことありますか?リピジュアは、今、ちょっと話題の保湿成分です。 リピジュアは、人の細胞膜の成分(リン脂質)とよく似た構造を持った保湿成分として、 注目されており化粧品やシャンプーなどへ配合されはじめています。 保湿成分ではヒアルロン酸が有名ですが、リピジュアはこれに劣らない保湿力を持っていると言われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクと肌との不思議な関係

昔からシルクは肌に優しい素材として知られています。 そして最近は、その成分が塗るだけでも美肌効果があると言うことで、 化粧品にも配合されるようになって来ました。 どうしてシルクは、このように肌に良いと言われるのでしょうか。 実は、シルクの成分であるアミノ酸の組成が、人の肌の角質層のNMF(天然保湿因子)と ほぼ同じだからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エストロゲン欠乏による乾燥肌

若い女性の肌の悩みとして一番多いのは 皮脂分泌の過剰やそれに伴う毛穴開き・にきびです。 それに比べ、女性の年齢が上がってくると 乾燥肌やそれに伴う敏感肌・しわ・しみ という症状が悩みとして多くなってきます。 なぜ女性の年齢が上がってくると、乾燥する傾向が 強くなってくるのでしょうか? 男性、つまり「おじさん」では油っぽ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガンマリノレン酸の効果

サプリメントでも、「月見草オイル」って ありますよね。 乾燥肌に効果があります。 この成分は、ガンマリノレン酸です。 肌の水分量を増やす効果と、水分量が増えることで 乾燥肌特有のトラブル(カサカサ、敏感肌、かゆみなど)を 緩和する効果があります。 もっとも難治性の乾燥肌と言われる、人工透析を受けているかたの 皮膚の乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆布でツヤ肌

から日本人の食生活になじみのある昆布ですが、 おだしを取る時以外はあまり使わないかたが 多いのではないでしょうか。 最近は、昆布エキス配合の保湿剤や入浴剤などもでてきています。 昆布に多く含まれるアルギン酸は、医療材料に 使用されている創傷被覆剤としても有名です。 傷口を覆って、早くきれいに治すためのものですね。 カル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅で簡単・日本酒美容法

最近、日本酒の肌への効果が注目されています。 そのきっかけは、日本酒作りの職人さんの肌 (特に仕込みの際に、途中生成物に触れる手)が きれいであると言われたことからです。 以前は美白剤としても有名だったコウジ酸もここから発見されました。 日本酒の醸造では、コウジ菌が「糖化」=米のでんぷんを糖分に変えるを行い、 酵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性のかたへ

冷え性で乾燥肌、というかた、必見です! 冷え性っていうのは血行が悪くなって熱の産生や細胞の生まれ変わりが遅くなる、 いわば「省エネ状態」のことでもあります。 冷え性がお肌に良くない影響を及ぼすことは、容易に想像できますよね。 ■■■■■■■■ 自宅で簡単にできる冷え性解消法、として ・しょうがをキレイに洗…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

乾燥肌チェックリスト

乾燥肌は老化を早めたり、かゆみが強くなったり、何かとトラブルを 起こしやすいというのは、すでに述べてきたとおりです。 顔の場合は、比較的どんなかたも必要に応じ保湿していらっしゃるようですが、 顔以外となるとサボりがちです。 年齢の現れやすい首以外にも、手や足なども必要に応じ保湿をしましょう。 いつまでも健やかなお肌を保って行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒリヒリしたら

乾燥肌って体質だし・・・とあきらめているかた、多いと思います。 そして時々患者様との会話の中で気になるのが、 「乾燥肌で洗顔後は顔が突っ張って・・・。 冬なんか、化粧水をつけるだけでヒリヒリすることもあるんです。」 という会話が意外に多いことなんです。 そして乾燥肌はヒリヒリしてもしょうがない。なるべく無添加の基礎化粧品を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

口周りの乾燥がひどいのは

秋から冬にかけてお肌が乾燥してくると、 特に口周りの乾燥がひどくなりがちです。 皮脂腺の発達しやすい額や鼻周囲に比べ、 皮脂量の少ない口の周りは、油分による保護膜が できにくいのに加え、食事の際など汚れやすく、 刺激を受けやすいためです。 ですから、混合肌でTゾーンが油っぽくなりやすいかたでも 口周りはクリームを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピー肌はなぜ敏感肌か

近年子供も大人もアトピー性皮膚炎が増加しています。 アトピーの特徴として湿疹、かゆみなどがありますが そもそもどうしてアトピーは敏感肌なのでしょうか。 アトピーとは、喘息と同じく、アレルギーのおきやすい人 つまり異物に対し過剰に防衛反応が 働きやすい体質を持った 人によくみられます。 アレルギーの症状であるかゆみのため 皮膚…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケミカルピーリングで水分量UP

ケミカルピーリングってご存知ですか? クリニックなどで、ニキビやしみ、しわ、たるみなどに対して行われている治療方法の1つです。 これは、グリコール酸と呼ばれる弱い酸を皮膚に塗り、余分な角質層などを溶かすことで、新陳代謝(肌の生まれ変わり)を上げ、 肌のトラブルをなくすという治療です。 今から数年前、はじめはニキビの画期的な治療方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敏感肌の「花粉症時期のメイク」

花粉症の時期、お化粧崩れが気になるかたも多いことでしょう。1日に何度も鼻水をかんでいると鼻の周りは肌荒れしてきますし、口紅もすぐ取れてしまいます。しかしお肌は、頻繁にティッシュでこする刺激によって角質がはがれ、非常に敏感な状態となっていますので、メイクの厚塗りは余計に肌に負担となり、肌荒れをいっそう悪化させてしまいます。 ですから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more